ねずみ対策の基本は掃除です~ねずみは汚いところが大好き~

近寄らせない臭い

作業担当者

ねずみ対策にはいろいろな手段がありますが、ねずみの嫌いなニオイを利用して、対策するという方法もあります。ねずみは視力が悪いため、それを補うべく嗅覚が優れた動物です。そのため、嫌いなニオイには敏感で逃げていきます。それらを利用して対策してみましょう。基本的に動物は強い匂いが苦手です。匂いの強いハーブを植えてみましょう。ミントはねずみ対策の薬にも使用されていて、ねずみの嫌いな香りです。その他にも、ヨモギやどくだみなど天然のハーブは多くのねずみ対策商品に使われており、栽培しても同様の効果が期待できます。またわざびや唐辛子もねずみよけとしてよく使われる香りです。その他にも防虫剤にもねずみが嫌いな香りが含まれています。防虫剤には樟脳が使われています。樟脳とはクスノキから取った結晶のことで特有の香りがします。樟脳は他の害虫にも効果がありゴキブリ対策にもなります。その他蚊取り線香も効果があるようです。ねずみは雑食のため、花も食べます。しかしユリの花だけは食べません。ユリの臭いが苦手なでユリの花が咲いてる時は近づかない傾向にあります。そのため、ユリを飾っておくのも効果的でしょう。
ねずみは臭い以外にも音にも敏感です。周りの変化を音により敏感に察知することが出来ます。天敵の鳴き声や人間の耳では聞こえないような周波数の音にも反応することが出来ます。そのためねずみの嫌いな音を出す装置も多く販売されています。最近ではねずみが嫌がる音を出すアプリもあります。しかし、他の動物にも効果があるため、使用する時はペットなど他の動物がいないか確認して使用してください。